スポンサーサイト 
--/--.----:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  家の中の危険 
01/26.Thu23:24
<お知らせ>

猫のお洋服屋『Tissue's Trunk』さんが、「1匹でも多くのネコちゃんを幸せに」するためにオークションを開催します。
参加してみませんか?








夕べ、ポピーをお風呂に落としてしまった。

もちろん故意ではない。誤って落としたわけでもない。
今の時期は、暖房を入れているせいで室内がとても乾燥している。
気をつけていないと、湿度20%台にまでなってしまう。
そうすると、ニャンコもくしゃみを始める。
ニャンコに風邪をひかせては大変なので(人間の風邪より
深刻だし、治療費も高い)、もちろん人間も風邪はひきたく
ないので、なんとか湿度を上げようと四苦八苦する。

てっとりばやいのが、洗濯物をパネルヒーターに広げて干す
ことと、お風呂の湯気を室内に入れること。
お風呂に入った後は、蓋はしないで浴室のドアも開けっ放しに
しておく。これで湿度は20%くらい上がる。

万が一のことを考え、三分の二ほどのお湯は抜いておくのだけ
れど・・・その万が一のことが、夕べ、起こってしまった。

そう、ポピーがお風呂に落っこちたのだ。

寝る前に浴室を覗くと、床がびしゃびしゃ。
入浴してから数時間たっているので床は乾いているはずなのに??・・・と思った瞬間、ぞっとした。
ポピーの姿が見えない。落ちたんだ!

でも、お湯の中にポピーの姿はない。
名前を呼ぶと、か細い声で鳴きながら衣類を入れてあるバス
ケットの中から出てきた。・・・ビショビショになって。

頭から胸にかけては濡れていない。
おそらく、しまじろうと一緒に遊んでいて浴槽のふちを歩き
足を滑らせてお湯の中に落ちたのだろう。

具合が悪そうな様子はない。お湯を飲んだ様子もない。
怪我もしていない。ついさっきまで2ニャンが走り回っている
音が聞こえていたから、落ちて間もないのだろう。震えても
いない。
ビショビショだけど、毛づくろいしながらしまじろうに
ちょっかいをかけたりしている。良かった、とりあえず元気。

無事だったけど、こんなちっちゃいのに怖い思いをさせてと
思うと、申し訳なくて申し訳なくて。


「ねこのきもち2月号」には、「家の中の8つの危険」の
ワースト3に「お風呂で溺れる危険」があがっている。
うちも気をつけなくちゃと思いながら読んだはずなのに。

気をつけよう・・・。
浴室のドア全開はやめて、ニャンコが出入りできないように
しなくちゃ。

ポピちゃん、怖かったね、ごめんね。



スポンサーサイト
* テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット *
COMMENT TO THIS ENTRY
----

怖い怖い(-_-;)
ポピちゃん、なんともなくて良かったね~。
濡れた手足でよく脱出できたこと。
家の中には思わぬ危険があるよね。
家ももう一度確認しようっと。

- from Tsu -
--よかったぁ--

ポピーちゃん、きっと物凄く怖かったでしょうねぇ。。。o(´^`)o
でももうお風呂に近づかなくなるかな??

確かに、ねこのきもちにはドアに挟むとか、感電するとか、
注意しているつもりでも「ついうっかり」っていうのがありますよね~。
うちも気をつけないと。。。(^▽^;)

- from Megu -
--おおお…--

娘がまだ小さい時、風呂でおぼれて死にかけた事があります。
今思い出しただけでもゾッとする…
ボビーちゃん、何事もなくてよかった。
ほんとに何が起こるかわからないね。
うちはマウスのコード食べちゃうし^^;

- from ユガ -
--うわっ!--

ポピーさん、無事で良かった。
気をつけてくださいね。

しかし
私が風邪ひいて寝込んでるうちに
色々な事が起こってるなぁ。

- from ロウワイズ -
--ひゃ~--

ポピーちゃんビックリしたでしょうね~
何よりもMintさんも相当びっくりされた事でしょうね。

でも無事でなによりでした!

- from せいちろ -
----

ポピーちゃん、無事でなによりです。
私も「ねこのきもち2月号」を読みましたけど、
家の中って危険がいっぱいなんですよね。
猫はいつ何をしでかすか判りませんから
思わぬ事故にあわないよう気をつけてあげたいですね。

我が家も乾燥がひどく、猫の体に触った途端、
バチッと静電気が走ることもあるので
加湿器+濡れタオルを部屋中に掛けまくってるんですよ。
見た目悪いけど、しょーがないですね・・・(^^;)

- from chibiani -
--はじめまして~--

こんにちは~
monoです。
切りペタ踏んじゃいました(笑)

ポピちゃん肉球ピンクでかわいいねこちゃんですね~

この時期乾燥がひどいので他の方も書いてますが,加湿器がおすすめですよ。春先も使えますからね。
ただ....この時期は高くなるんでよね(苦笑)

ではまたおじゃましま~す (^_^)/~

- from mono -
--こんにちは--

とりあえず復活しました。
更新ペースは少し落ちそうかなー。。
後心配いただき、ありがとうございました。

ポピちゃん、無事でよかったですねー。
我家も気をつけます。。

- from さいふぁ -
--無事でよかった!--

無事でよかったです!
怖かったでしょうねぇ~!
でもこれで少し気をつけてくれるようになったら
それはそれで怪我の功名???


現在、スキビでは緊急のSOSを掲載しています。
良ければ一度見てみて下さいませ。よろしくお願いします!

- from なあ -
--いらっしゃいませ~♪--

◆TSUさん◆

外も家の中も危険がいっぱい!
足の弱いポピ子がどうやって脱出できたのか
いまだに謎なんだけど・・・とにかく無事でした
今回は・・・(^^; ニョロリちゃんも気をつけな
くちゃね。

◆Meguさん◆

お風呂に落ちた次の日は、さすがにお風呂には近づきませんでした。お風呂=怖い所と
学習したのかな?
人間と同じで、何事も経験が大事なんですね。私もポピーと同じく、学習させてもらいま
した。お風呂のドア全開は危険!お湯を抜いておいて良かった・・・(^^;

◆ユガさん◆

わわ・・・お子さん、無事で良かったですね。
ニャンコも人間の子も、同じですよね。危な
い!といくら口で言われても、実際に自分で
経験しなければその怖さがわからないんです
よね。
電気コードをかじっちゃうのも、危ない危ない。きっと、しまじろうもそのうち・・・。

- from Mint -
----

◆ロウワイズさん◆

ポピーがお風呂に落ちて大慌てだった間に、
ロウワイズさんは寝込んでただなんて・・・。
体調は良くなりましたか?インフルエンザが流
行る時期ですから、うがい・手洗いはしっかり
と続けましょ~。
乾燥対策もね(^^)

◆せいちろさん◆

はい、もう心臓が止まるかと思いましたよ。
ニャンコが落ちることは予想できてたんですか
らね、だからお湯を抜いていたんですから。そ
れが現実になるとやっぱり怖い、私の不注意
です。
せいちろさんとこにも小さなお子さんがいらっ
しゃるんですよね。ご注意、ご注意。

◆chibianiさん◆

そうそうそう、ニャンコを触るとバチッとなるんですよね。それもニャンコには痛いんでしょうね。
冬期間は、室内外ものすごい乾燥です。
見た目より、乾燥対策&安全対策重視で
いかなければ・・・。なかなか大変なことですね~。「人間にもニャンコにも、安全で快適な生活」、これが目下のところ、我が家の課題になっております(^^)

- from Mint -
----

◆monoさん◆

はじめまして、いらっしゃいませ♪
キリペタ踏んでいただいてありがとうございま
す。

実は、加湿器は2台あるんです。ですが・・・
この時期は暖房費+電気代が倍増するの
でなるべく節約しようと・・・・(^^;湿度50%
以上が理想ですが、40%をキープできれば
大丈夫です。
どなたも、やっぱり乾燥は悩みの種なんです
ね。

◆さいふぁさん◆

のんびりいきましょうよ。
何事も、無理をせず。自分のペースでのんびりと・・・。これ、私のモットーです(^^)
外は危険がいっぱいだから室内飼いを、とは
どなたも言いますが室内も危険がいっぱい。
お互いに気をつけましょう、ニャンコのために。

◆なぁさん◆

先ほど、スキップビートにお邪魔してきました。
発展があったようですね?怪我した猫さんが
新しいおうちを得たようで・・・まずは一安心
でしょうか?良かったです(^^)
我が家は一難去ってまた一難・・・お風呂事件の後にまた事件があったのですよぉ(;;)

- from Mint -
--無事でよかったです--

何事もなくて、よかったですね~;;
ポピー君も突然のスリップ事故で、びっくりしたでしょうね。
やっぱりお湯は抜いておかなきゃ…!

昔何かの本に書いてありました。
「赤ちゃんは、わずか水深10センチの水でも溺れることがある。」
って。
頭打ったりして起き上がれなかったら、たった10センチでも、
頭は水の中だからだそうです。

でも本当に、何が原因になるかわからないから、怖いですよね。
観葉植物も、有毒なものが多いと言うし。i-183

うちもお部屋が乾燥しているから、洗濯物は部屋干しにして、
湿気を増やそうと必死です。i-229

- from ガナッシュ -
----

◆ガナッシュさん◆

あわわ・・・水深10cmで溺れる、ですか・・・。
怖い、怖い。人間の赤ちゃんで溺れるならポピーが溺れても不思議ではなかったんですね。この事件以来、ポピーは浴室の中には入ろうともしませんから、怪我の功名と言えるのかも・・・でも、油断は禁物ですね。
植物を食べて中毒になるって話もよく聞きますね。家の中も外も、危険がいっぱいですわ。

- from Mint -
   非公開コメント  
スポンサーサイト家の中の危険のトラックバックURL
にゃんこのためにできること




同盟バナー猫中動
遊んで~^^
My Profile

Mint

Author:Mint
めめ&しまじろう&ポピーと一緒に…のんびりゆったりね

★めめ(♀)~8歳?気難し屋。いつ、どこで生まれたのか誰も知らない。長い放浪生活の末に知り合い宅で保護され、2004年3月に我が家へ。体調不良のため翌年12月から私の実家で療養生活。2006年5月に正式にばぁちゃんちの子になる。
★しまじろう(♂)~2005年5月生まれのやんちゃ坊主。兄弟姉妹4匹で段ボール箱の中で鳴いていたところを保護され翌月に我が家へ。背中にある白い「島」がチャームポイント、だからしまじろう♪
★ポピー(♀)~2005年9月生まれのおてんばさん。18歳の雄猫に助け出された3匹のうちの1匹。翌月に我が家へ。下半身に障害があり、上手にジャンプできない・よく転ぶなどの弊害はあるものの、毎日元気いっぱい。おまけにすごい美人^^
★Mint・・道産子。動物大好き。海大好き。ダイビング大好き。ハーブ大好き。

最新の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 Something New All rights reserved. 
Photo material by Art-Flash 加工自由な壁紙と素材 / Template by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。